デザイナーの雑記帳

デザインのこと。暮らしのこと。思うこと。

必見! サタケシュンスケさんによるAdobe Fresco解説動画【Adobe CC道場】

Adobe Fresco

自分の作品がライブ中に登場してしまうという、自分史上最大の珍イベントがあったため、記念に書き残します…!

 

今日はYouTubeのAdobe公式チャンネルAdobeCreativeStationの番組「Creative Cloud 道場(通称CC道場)」のライブでした。

Adobe Frescoというタブレット向けのスケッチ&ペイントアプリがあるのですが、今回のテーマはイラストレーターのサタケシュンスケさんがAdobe Frescoを実演解説するというもの。

これは見ないわけにはいかない!

そして、もれなくめちゃくちゃ参考になる動画でした!

 

ライブのアーカイブがありますのでぜひご覧ください。

www.youtube.com

【CC道場 #315】イラストレーター サタケシュンスケが Adobe Fresco に出会った! - アドビ公式 - YouTube

サタケシュンスケさんがすごすぎる

サタケシュンスケさんと言えば、クリエイティブ業界あるあるで、もしかしたら名前は存じ上げないという方もいらっしゃるかもしれませんが、絵を見ればほとんどの人が知っている!、というあのイラストレーターさんです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Shunsuke Satake(@shunsuke_satake)がシェアした投稿 -

グラフィカルだけど温かみのある、デザインチックな動物のや子供向けの絵が人気です。

 

ライブ中、サタケさんの自己紹介がありました。

小さい頃から絵を描くのが大好きだったそうで、学校でもイラストを専攻。

でも、いざ就職となった時、「プロのイラストレーターでは食べていけるのは一握りだから」と思い込みがあり、はじめはグラフィックデザイナーの道に進んだそう。

私が言うのも恐れ多いですが、これ、めちゃくちゃわかります…。私も芸術関係に興味はあったものの、そっち系の職に就けるのは天才にしか無理なんだと思いこんで、挑戦すらしようとしてませんでした。(→その後、留学を機に思い込みが外れ、晴れてクリエイティブ職に)

それでも、自分のやりたいことなんだか違うと感じ、会社員の時から週末に自分の作品を商品化したものを路上販売してたとのこと…!

その努力が報われ、いまや大人気のイラストレーターさんです。

やりたいことを貫くって本当にすごすぎる…。

作品を発信するということ

サタケさんはSNSを使った作品の発信力がすごいです。AdobeのBehanceというポートフォリオSNSもちゃんと使いこなしていらっしゃいます。

www.behance.net

Instagram - Shunsuke Satake

Twitter - サタケシュンスケ

海外ではポートフォリオを見せる場としてBehanceは結構メインで浸透してるイメージですが、日本だとまだあんまり広まってない印象。

英語でプロフィールを書き、そのBehanceを通じてフランスからのイラストのオファーもゲットしたのだとか…!

 

ちゃんと自分が生み出したものを発信していくって本当に大事だなと見せつけられました…!

私は代理店さんからいただく商業案件が多かったので、ちょっと安易に載せづらいという面もあり。

ちゃんと自分が作ったと、自信を持って見せられる作品を残していきたいなと…そんな思いがふつふつ湧いてきています。

ちょっと遠ざかってしまっていたSNSなんですが、サタケさんのライブを見て、考え直すいいきっかけになりました。

Adobe Frescoアプリもすごすぎる

今回のライブの本題だったAdobe Frescoですが、昨年2019年の秋から日本でもインストール可能になったアプリです。めちゃくちゃ便利。

端的に言うと、Adobe IllustratorAdobe Photoshop足して2で割らずに水彩機能も追加したアプリ! 

拡大縮小ができるベクター線も、鉛筆などの質感のある線もOK。さらには水彩の滲んだ感じも描ける超スグレモノなんです。特にこの水彩の滲んだ感じの再現がすごすぎるんです。

Adobe Fresco

背景の濃い部分を水彩ブラシで上からなぞると滲み表現に…!

インクの滲みの出方がすごくリアルでびっくりします。

しかも間違えたら戻せるのがデジタルのいいところ…!

 

↓こちらの絵は、鉛筆ブラシのみで描いたものです。

Adobe Fresco

光のグラデーションの再現の練習に、参考写真の輪郭だけ大まかにトレースして、写真を見ながら描いてみました。

この方の美しい写真に惹かれて… Photo by 🇸🇮 Janko Ferlič on Unsplash

f:id:kumiko_s:20200731013128j:plain

正直Photoshopでもできちゃう描き方ではあるのです。が、なんといってもFrescoのメリットはiPadなどのタブレットで直接モニタ上で描けるという点

私の場合、こういう絵は手元のペンタブを使って正面のモニタを見ながら描くので、体感的に少々描きづらい。

それがFrescoでは、WacomのCintiqという液晶ペンタブレットのように、直接モニタ上に描けます。描き心地も良く、細かいところまで作業しやすい。かつiPadなので軽くて扱いやすい。

しかもペンで描く線の質感が筆圧で変えられたりして、Apple Penもかなり優秀です。

 

スケッチ画や水彩画だけでなく、サタケさんのようにまっすぐラインを使いつつ、ほどよく滲み感のある絵も描きたいという方には使いやすいアプリだなと感じます。

ライブ中のイラスト投稿抽選で当たってしまった

今回のライブでは、Frescoで描いた絵を#CCDojoをつけてTwitterで投稿すると、最後にサタケさんが選んだ3名に、サタケさんの新刊「PRESENT」がプレゼントされる!という企画でした。

そういえば昔、スケッチ描いたなと思って先程のマタニティスケッチを上げてみたところ…

 

なんと! 選ばれてしまった…!!!!

 

抽選系のものは人生でほぼ当たった試しがないのです…! しかも、こんな次世代のイベントに慣れていない私は、慌てふためいて喜びました 笑

 

しかも!

リクエストで好きな動物を描いてくれるとのこと!!!

 

嬉しすぎる…! 

 

さて、その新刊の「PRESENT」では、動画でも少し触れられていましたが、イラストの過程を細かく解説しているとのこと。それがとてつもなく楽しみです!

サタケシュンスケ作品集 PRESENT

サタケシュンスケ作品集 PRESENT

 

これを機にAdobe Frasco熱が再燃しました…! 

サタケさんありがとうございました!

 

以上、ハルモ(@harmo_graph)でした。